dpiとpixel、ひと言で違いを説明できますか?

dpiとpixel、ひと言で違いを説明できますか?

プレゼン資料の作成のために、インターネット上から直接保存した画像…いざ資料を印刷してみたらその画像がぼやけてしまった(汗)、なんて経験はありませんか。

解像度という言葉を聞いたことがあるかもしれません。解像度というのは、画像の密度の事を指し、dpiという単位で表します。dpiとは1インチあたりのドットの数を示していて、この数値が高いほど画像がきめ細かく綺麗に映し出されます。

ただ、このdpiですが、画像そのもののクオリティ(画質の良さ)を表すものではありません。dpi(解像度)とよく混同されるものに、pixel(ピクセルや画素とも呼ばれる)があります。どちらも画質の良さを表していると言えばそうともいえますが、実際のところはどうなんでしょう。混同されている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな紛らわしい二つのワードを解き明かしていきます。

pixelとdpiの違いを簡潔に教えてよ!

pixelとdpi、区別するとしたら以下のように言えます。

pixel=画像”そのもの”のクオリティ(不変的)

dpi=画像の”表示”精度(可変的)

したがって、厳密な意味でいえば、画質の本質的な良い悪いはpixelで表すことになります。さらにいうと、300px×300pxの画質の悪い(小さい)画像でも、画像の表示精度であるdpiを上げることで、きれいな画像に“見せられる”ことができます。ここがポイントで、あくまで“きれいに見せられる”に過ぎず、画像本来のクオリティはそのまま300px×300pxです。

dpiをあげれば良いという問題ではない?dpiを上げることによる副作用

印刷物(チラシや広報誌など)を製作する場合、高い解像度の画像が必要です。ただ、解像度が高ければ高いほど良いというものでもなく、1000dpiある画像でも刷り上がりの綺麗さは変わりません。むしろ画像データが重くなるなどのデメリットがあるので印刷物の場合、解像度は350dpiあれば十分です。つまるところ、用途によって、適切なdpi値は異なるわけです。

web→72~96dpi

大判のポスターなど→200dpi

A4チラシなど→350dpi

通常、デジカメで撮影した写真や、web上から保存した画像などは、解像度は72dpiであるのが一般的です。そのため、印刷物を製作するときにその画像を72dpiから350dpiの解像度へ変換する処理をデザイナーは行っています。

では、解像度72dpi/幅500mm高さ300mm(1417px×850px)の画像を350dpiに処理するとどうなるか・・

幅103mm高さ62mmと小さくなります。※ちなみに、前述の通りdpiを変えても、pixel数は変わりません。

解像度を上げることにより、画像サイズは約5分の1ほどに縮小されてしまいました。解像度(=dpi)を上げると、きめ細かく見えるようになりますが、サイズが小さくなるという副作用があることを覚えておかなくてはなりません。

「このピクセル数の画像でちゃんと印刷できるかな?」迷ったときは…

画像をご用意いただく際に、数値を入力するだけで、その画像を印刷用に処理するとどれぐらいのサイズになるのかが分かる便利なサイトもあります。

みんなの知識ちょっと便利帳

%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%b3%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%a3%e3%81%a8

http://www.benricho.org/size_scale/pixel_conv.html

使用したい画像のピクセル数を入れると実際の印刷サイズがどのぐらいになるのか、また、使用サイズは決まっているけど、そのために必要な画像のピクセル数がどれぐらいなのかをすぐに計算することができます。

例として、A4サイズ(210mmx297mm)のチラシで

紙面全体(210mmx297mm)に画像を使う場合(ex 表紙など)

%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6a4
→2894px 4093pxの画像(データサイズ約34MB)サイズが必要

・サブ写真(50mmx40mm)で画像を使う場合

%e3%82%b5%e3%83%96%e5%86%99%e7%9c%9f
→689px551pxの画像(データサイズ約1MB)サイズが必要

%e6%aa%80%e4%b8%8a%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%b4%a0%e6%9d%90

これだけ覚えてたらとりあえずOKの事項を振り返り

今回は画像のdpi(解像度)とpixel(画素数)の関係についてご紹介しました。

おさらいとして、みなさんに覚えておいていただきたいことは、3つあります。

①pixelは画像“そのもの”のクオリティ、dpiは画像の“表示”精度を表す

②紙面に大きく画像を印刷したい場合は、pixel数が大きい画像のご用意を!(A4一面に写真を使用するなら、2894px 4093px程度が必要)

③用途におうじて適切なdpi値は異なる(印刷物の場合は350dpi、webは72dpi程度)

上記のことを頭に置いておけば、制作会社との制作段階でのやり取りを円滑に進めることができるはずです。

 

仲村 友樹

政治、ビジネス、文学、アート、自然まで色々なことに興味があります。むさぼるように読む本や雑誌からの知識でぼくは成り立っています。ただ、頭でっかちにならないように一応は気をつけているつもりです。
Company name社名
株式会社イディー(英文表記:IDEE INC.)
Tel / Fax電話番号
TEL:078-331-5255 FAX:078-331-7800
CEO代表取締役
Company Profile会社概要
詳しくはこちら
Address所在地
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通8番神港ビルヂング5F