制作の水先案内人・編集者の役割

制作の水先案内人・編集者の役割

イディーには、企画デザインと企画編集の2つの部署があります。私が所属しているのはそのうちの企画編集部。会社によっては編集部と言われている部署です。私はこの仕事に就くまで、編集=「ひたすら机に向かって書類に目を通したり、資料の束を抱えて走り回ったりしている仕事」という漠然としたイメージしか持っていませんでした。マンガやドラマなどを見て、同じようにイメージされている方は多いのではないでしょうか。

「編集者って何をしているの?」。今回は、そんな疑問を私なりの視点で説明していきたいと思います。

683c125b4f1e5e74776693686ff51409_l

アイデアマンになる前に

まず、制作物づくりのスタートは、お客様の制作目的を伺うことから始まります。「誰に何を伝えたいのか」、「制作物を見たり読んだりした人に、どんな行動を起こしてほしいのか(商品の購買や口コミ拡散など)」といったヒアリングを通して、制作物全体の雰囲気やデザイン、全体構成、ページごとの内容などを考えていきます。ヒアリングが綿密にできると、制作物の方向性が自然と見えてくることも。編集というとアイデアマンでなくてはいけないようなイメージがありますが、それよりもまず大事になるのが実は「聞く」ことであるかもしれません。

クリエイターかつ何でも屋?

制作方針の決定後は、ページネーション(ページの構成順)を固め、各ページごとに「何を」「どう」伝えるのかを決める作業、サムネール(下写真)制作に入ります。ここは編集者の一存によって制作物全体のトーンや、最終的な完成度が左右される大事な部分です。そして、誌面で使用する写真やイラストの理想イメージを固め、取材や撮影に入っていきます。

img_7129

以上は表現技法にまつわるクリエイティブな作業といえるかもしれませんが、編集者は実際に制作をすすめる過程で発生するあらゆる実務的な問題を解決する何でも屋でもあります。例えば、クライアントの窓口対応や制作全体の進行管理はもちろんのこと、クリエイター(カメラマン・イラストレーター等)の手配や文字校正などです。

また編集者の仕事には、営業マン的な一面もあります。例えば、制作費の見積金額の調整、請求内容の確認や外注費の管理など、担当する案件のお金周りのマネジメントも編集者が担うことになります。

こんなことも編集者がやるの?

編集者の仕事は、ここからここまでといった境界があいまいです。あえていうのなら、制作全体のディレクションが仕事。したがって、「これも編集者の仕事なの?」と一見思われるような仕事にも関与していきます。写真撮影のディレクションがそのひとつです(デザイナーっぽい仕事ですね)。

「人気フルーツをパンフレットでPRしたい」と、お客様からご依頼があったとしましょう。
そのとき考えられるフルーツの見せ方は、

①表面や断面などのフルーツ単体の写真

②人がおいしそうにフルーツを食べる様子の写真

③イラストを使って雰囲気を柔らかく見せる

などいくつも考えられます。
こういったときも、制作物全体のコンセプトとターゲット読者などを考えながら最適な解を導き出していきます。例えば、ターゲット読者が20代のサラリーマンであった場合を考えてみます。すると、若者=「働き盛り世代で毎日忙しい。そして、一人暮らしで、外食や飲み会も多く不摂生な生活を送っている」という仮説から、「時短で簡単、かつ健康的なフルーツ朝食」というメッセージが伝わる写真がひとつの答えになり得そうです。

まだまだ細かい作業はありますが、以上が大まかな企画編集部の仕事です。この仕事の大きな役割は、制作の指針と骨格を決めること、例えると設計図づくりです。どんなことをどんな切り口で表現するかによって、出来上がりのおもしろさ、読んだ人への伝わり方が全く違ってしまう緊張感を持ちながら、お客様の想いやご希望に応え、さらに付加価値を付けたご提案ができるかに力を注いでいます。

仲村 友樹

政治、ビジネス、文学、アート、自然まで色々なことに興味があります。むさぼるように読む本や雑誌からの知識でぼくは成り立っています。ただ、頭でっかちにならないように一応は気をつけているつもりです。
Company name社名
株式会社イディー(英文表記:IDEE INC.)
Tel / Fax電話番号
TEL:078-331-5255 FAX:078-331-7800
CEO代表取締役
Company Profile会社概要
詳しくはこちら
Address所在地
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通8番神港ビルヂング5F